担当カウンセラー

 

カウンセラーからの言葉

巽信夫 先生(精神科医) 親子相談勉強会講義より
症状を和らげると同時に、心の免疫力を養うことが大切です。現代は人と人のつながりが希薄になり、関係性を自ら作ることができず、自信がなく不安だらけの生活に陥りがちです。お薬を毛嫌いしたり、依存しすぎたりせず、周りの人々がサポートしながら、生きる力と心の免疫力を養う方向性を共に考えることが大切です。

久間祥多 先生(脳神経外科医) 脳と心の勉強会講義より
朝しっかり起きて、太陽の光を浴びて昼間体を動かすと、脳内物質セロトニンが適切に働き、心の安定につながります。また夜はメラトニンが分泌され眠くなってきます。朝起きて働き、夜眠る生活を送ることは脳内物質の安定化に大切な役割を果たします。